じゅごんの見物日記

アナログな日記帳だとがたまる一方なのでブログで日記書くことにしました。

中島敦かよ!な出来事

会社帰りの電車から 流れる景色をボ~ッとしながら見たり、

 

目の前の 自分の肩位までの背の高さの女の人の

スマホでインスタグラムをただ大量にみている姿を背後からこっそり見たり 、

 

スーツを着たごく普通のサラリーマンが電車に揺られながら

電車の窓に反射した自分の姿を確認していたり、

 

20代半ばくらいの中肉中背の女性が

派手なマスコットをつけたバッグを苦悶の表情をして

抱えながらねていたり・・・、

 

そんな情景をいろいろみながら

 

あ~

人生って何もしないにしては長過ぎるし

何かしら極めるとなると もうぜんぜん時間たりないよなあ・・・

 

っておもい

それと同時に「今すごいなにか名言的なものおもいついちゃった!」と

激しく興奮して

友人にその自分がおもった名言的なことを自慢そうにいったら

 

「あれ?それってなにか小説の一節じゃなかったけ?」

といわれ

「そんなばかな本あんまり読まないし、私・・・」

といいつつ検索したら、あった。

 

人生は何事をも為さぬにはあまりに長いが

何事かを為すにはあまりに短い

中島敦 「山月記

 

なんですか 中島敦かよ!あたし・・・ 知らないですけど・・・


山月記・・・あまり内容は知らないけどとりあえず

多分中学生のときに教科書に載っていた気がするなあ・・・

なんだっけ中国の偉い人が自尊心が高すぎてよくわんないけど虎になるんだっけ?

よくわからないけど。

 

なんだか知らないうちに内容もよく知らない本に影響されて

あたかも自分の思考のように思っていたのかなあ、情けない・・・と悲しくなった。

 

でも

 

たしかに中学生のときに教科書に載っていたその一節を読んでその記憶があったのだろう

それはそう認める、というか絶対そうだと思う。

ただ大人になってようやくその著者の一節の真意が何となくわかるようになったんだろうなともおもった。(元々のレベルの違いは置いておいて)

 

あまりわかりたくはないが・・・・

もっと楽しいことを実感させてくれ!

 

 

一応「山月記」のあらすじみたいなのをのでメモ

(めんどくさくて読めないから)

 

唐の時代、隴西(いわゆる西)の徴は博学で才もあったため科挙に合格して官吏に就くが、役人とその職務を"賎吏"として蔑んでいた。やがて賎吏で為に一生を費やすよりも詩人となって李白に及ぶ名を残そうと思い立ち、山野に隠棲した。しかし年経ても大成せず、糊口をぐためまた"賤吏"に戻ってしまう。かつての部下は賤吏の上役に昇進し、自身は賤吏となって元部下にコキ使われる日々を送ったため、憤が溜まり遂に徴は発狂して山野に逃げこんだ。

後年、官吏の袁傪(えんさん)は中急ぎのあまり「人食い虎」が出るというを強行する。果たして大虎に襲われかけるが、虎の側が足を止めて藪に逃げ込む。人食い虎は彼の旧友徴(りちょう)の成れの果てであった。彼く、自身が抱えていた「臆病な自尊心」と「尊大な羞恥心」により、遂に浅ましき人食い虎に成り果ててしまったのだという。

 

参考: http://dic.nicovideo.jp/a/%E5%B1%B1%E6%9C%88%E8%A8%98

 

ではではここらで!